帯下の鍼灸治療

2018年10月3日

帯下に対する当院の鍼灸治療

 

それ以外には、骨盤周りの状態を良く診ます。骨盤周りのバランスが骨盤内血流量に関係します。骨盤の歪みや腰部、臀部の筋緊張により骨盤内血流量が悪くなります。

女性ホルモンは骨盤内の卵巣から出ますので、骨盤内血流量が大きく関係します。

骨盤周りのバランスを整えることも帯下の治療には必要になります。

 

下半身の状態も女性ホルモンに影響しやすいので治療します。特に下半身の冷えがある場合は、治療を必ず行います。

下半身の血行状態が悪いと下半身の悪い血流が骨盤内に影響するためです。婦人科系疾患には下半身の状態を良くすことで症状が改善することが多いです。

 

自律神経治療により全身の状態を良くして、骨盤周りのバランスを整えることで骨盤内血流量を上げていきます。

 

 

・当院では、カーテンのみで仕切られている治療院とは違い完全個室になっております。

jiko_8

 

・主に鍼やお灸で治療致します。

帯下の鍼灸治療

 

 

 

・女性の鍼灸師も在籍しております。

 

 

自律神経の状態を整えホルモンバランスも整える

 

女性ホルモンは脳によってコントロールされています。脳はストレスに敏感な場所で、ストレスを受けると直ぐに影響する場合もあります。

このストレスも身体が正常に働いている状態ですと耐性により影響を受けにくくなります。身体の働きは自律神経が統括しています。自分の意思とは関係なく全身の血行や内臓の働いをコントロールしています。この自律神経の状態がストレス耐性に関係してきます。

自律神経が正常に機能していると免疫がありストレスにも強くなりますが、自律神経が乱れている状態ですと免疫が低くストレスにも弱くなります。

当院では、自律神経を測る機械があります。これにより身体の中のバランスを調べることができ、その方その方に合った治療がわかります。

自律神経測定器

 

帯下とは

 

帯下とは、おりものと呼ばれるものです。女性の膣から出る粘液や組織片などの分泌物のことです。この分泌物が通常より多く、不快感になった時に帯下やこしけといいます。

女性同士でもデリートなためあまり話し合ったりしないもので、自分なりのケアをしている方も多いと思います。

おりものは、子宮や膣からの分泌物以外にも、古い細胞が子宮や膣から剥がれ落ちたものです。子宮内膜の粘液や宮頸管の粘液・膣粘膜などいろいろなものが混じり合ったものです。

おりものは、自浄作用と受精する際に精子が通りやすいようにしてくれるという役割があります。

膣から体の中に細菌などが入ってこれないようにすることや膣の中をきれいに保つための作用が自浄作用です。膣内の細菌繁殖を防ぐ役割も持っていて、おりものの働きで膣内がpH4.5から5.0の弱酸性に保たれるため、大腸菌やカンジダ真菌の増殖を防いでくれます。これは、善玉菌のデーテルライン菌のおかげで、この善玉菌が少なくなったりすると抵抗力が落ちて感染しやすくなります。

受精時には、子宮出口から出るおりものが、精子を包み込むためスムーズに到達するようにしてくれる役割があります。おりものは、下着などが汚れることやナプキンでかぶれるなど嫌なものと思われますが、女性にとっては大切な存在です。

おりものにも変化する周期があります。おりものは生理周期によって変化します。月経終了後に増加していき、排卵期に最も多くなります。

これは帯下が女性ホルモンと関係しているためです。女性ホルモンの卵胞ホルモンが増えると増加し、黄体ホルモンが増えると減少します。

量や粘り気も月経周期の中間では、量が多くなり粘り気が少ないです。月経周期の排卵期に量が最も増加して粘り気が強くなります。月経周期の終わりごろには量は減少して粘り気も少なくなります。

この分泌物が生理的、増加したものや病的なものを帯下です。

 

 

 

帯下の分類

 

白色帯下

無色で透明なものや淡黄色のものです。生理的なものになります。流れ出る量が多ければ異常だと考えることもあります。

 

 

褐色帯下

血液が混じったもので、不正性器出血などでみられます。子宮や卵管の炎症や子宮筋腫など腫瘍性疾患の可能性があります。

 

膿性帯下

黄色、緑黄色などの色で、悪臭を伴うクリーム状になることもあります。二次感染によるものや腫瘍性疾患などの可能性があります。

 

液状帯下

水溶性や牛乳様など液状であり、各種の炎症や腫瘍性疾患の可能性があります。

 

帯下の異常

白色透明でない黄色や緑黄色など色がついたものや、無臭でなく悪臭がするような帯下は病的な場合があります。量が多かったり膣周りや腹部に痛みなどを伴う場合も考えられます。これらは病的帯下と呼ばれるもので帯下に特徴があります。

 

病的なものには、クラミジア頸管炎トリコモナス膣炎非特異性膣炎膣癌子宮癌頸管ポリープカンジダ膣炎子宮肉腫卵管癌など帯下異常の中にはいろいろな可能性があります。

量が多い状態や、粘り気が強い、臭いが強い、白い塊のような状態、膿のようなものなどが見られましたら一度産婦人科にかかられるのがいいです。

 

 


Posted by 中目黒の鍼灸院 東京α鍼灸整骨院|眼精疲労 at 11:55 / 院長コラム コメント&トラックバック(0)

お問い合わせはこちらから
ここをタッチするとすぐにお電話が出来ます
メールでのお問い合わせはこちらから